最近の絵描き

お久しぶりです、愛紗美です。お元気ですか。季節はすっかり夏になりました。
冬の頃から描いていた下書きも、完成された作品になる前に一緒に越冬してしまいました。

絵描きの部屋

わたしの今済んでいる家のアトリエ、壁がこんな感じになっています。思いついた下書きのラフを、クロッキー帳から千切って貼ってます。自分は絵描きであるのだということを、大事に心の中に保っておくためです。

わたしは今、とあるベンチャー企業の一員として働いている傍ら画家としての仕事をしています。
沢山お仕事がある環境の中で自分の時間を確保するために、ちょっとした隙間時間でも絵の下絵を描いたり、読書するように、自然となってきています。今の環境に入る前はたしかこんな自分ではなくて、ただなんとなく時間が流れている中で、なんとなく絵を描いていたように感じます。そういうものも全て含めて、今いる環境に感謝しています。日常の中で、時間の隙間にこそ「モノ作りの原石」がたくさん散らばっているから、それを見落とさないよう大事に集めなくては。

ユニコーン描きかけ

それと、4日くらい前にiPad pencilを購入しました。procreateという有料版のアプリを使っているのですが、自分でペンを自由にカスタマイズできるので、本当に使い心地よくて楽しいです!移動中の車の中やベッドで眠れなくなった暗闇の中でも、ずっと絵が描けるって素晴らしい!使い心地は、わたしが子どもの頃よく遊んでいた「せんせい」という磁石のペンで描くお絵かきボードのおもちゃに似ています…。(知ってる人、いますか?)

「せんせい」とは→ こちらです

アナログかデジタルか、絵描きさんの間で今でも論争になっているのかな?わたしは自分の生活スタイルも含めて、自分に合った「画材」を選ぶのが絵描きの務めだと思っています。自分の出したい表現であれば、使えるツールは何でも良いのだと思うのです。自分が作り手であり続けるために、新しい画材が出た時には敏感に反応して手を伸ばしていくような、好奇心を持ち続けたいです。

うさぎラフ画

次回作も、どうぞお楽しみに✧*。

2016/07/14 愛紗美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。